鳩間島のお散歩で・・・

今日も元気にシュノーケルの1日コース!
二家族8名様でゆったりご乗船して頂きました!!
今日はお散歩途中で良く見る植物の話・・・
ナウパカ
クサトベラと言う植物のお花ですが、
お花が半分しか無いんです・・・(半分しか無いように見えるんです。)
不思議なお花ですね~
ハワイの伝説の中でこの花が何で半分になってしまったのか?と言うお話があります。
昔、ハワイに「Naupaka」と言う美しい王女がいて彼女は
普通の家の出身「Kaui」という男性と恋に落ちてしまいました
王族と普通の人の結ばれない恋
その時代ハワイでは王族が民間人と結婚することは絶対禁止でした
深く愛し合っていた二人にはどうすることもできずに
途方にくれていた二人は、山の上にあるヘイアウ(ハワイの神聖な場所)
へ行きカフナに(僧侶)頼りますが策はなくただ祈り続けるだけ・・・
いよいよ追い詰められ、最後の時、「Naupaka」は耳にさしていた花を手に取り二つに分け、「神様も私達が一緒になることを許してくれなかった。
あなたは海辺へ、私はこの山の中で暮らします」
と片方を「Kaui」に手渡しました
2人が別れた後、ナウパカの花は半分ずつ咲くようになったとか・・・
他にもストーリーがあるようですが、結局は結ばれない悲しいお話です。
でも、この海のクサトベラと山のクサトベラを二人で合わせると
NaupakaとKauiの魂に導かれて、恋人達は結ばれると言われています。